<クリニック> 

医療法人社団咲月会 サンメディカルクリニック青葉

・外来診療はどなたにもオープンです。

・外来診療と訪問診療のベストバランスを目指しています。

・早期から終末期まで、皆さんと最期までお付き合いすることが出来ます。

・外来診療(内科一般、心臓病、糖尿病、高脂血症、横浜市健診、予防接種、泌尿器科

・訪問診療(機能強化型無床在宅療養支援診療所、在宅緩和ケア充実診療所)


<連携医療機関> 

 たくさんの病院から患者さんの御紹介を受けておりその繋がりを大切にしています。

・昭和大学藤が丘病院、藤が丘リハビリテーション病院(地域連携医療協力機関)

・横浜新都市脳神経外科病院(地域連携型病床登録医)

・聖路加国際病院(登録医)

・横浜総合病院、たちばな台病院、緑協和病院、長津田厚生総合病院

・横浜労災病院、関東労災病院、横浜新緑総合病院、横浜旭中央総合病院、町田市民病院

・国立がん研究センター中央病院、国立国際医療研究センター、虎の門病院

・聖マリアンナ医科大学病院、昭和大学横浜市北部病院、神奈川県立がんセンター

・東京女子医科大学病院、東京大学附属病院

皆さま、こんにちは。

横浜市青葉区奈良「わかたけの杜」の一角に「サン メディカルクリニック青葉」を開設し、診察を担当しております。若い方からお年寄りまで、どなたにも受診していただける通常の「外来診療」と、通院できない患者さんのためにご自宅まで出かける「訪問診療」の2つを柱にしております。

隣接する特別養護老人ホーム「わかたけ青葉」と連携し、施設職員とも協力して入居者の方々の健康管理にも関わっています。

外来に通えるうちは外来で、通えなくなったら訪問診療に切り替える。早期から終末期まで、切れ目のない医療を提供することで「皆様と最期までお付き合いすることが可能」になりました。

ここに当院の最も大きな特徴があります。

診療方針は「患者さんとご家族に誠意を尽くすこと」。

米国内科学会からいただいた上級会員(FACP)の称号は、内科医として疾患に対する理解を深めることはもちろんですが、患者さんの訴えによく耳を傾け、患者さんの生き方、家庭環境、社会的、経済的背景などを踏まえた上で、その方にとって最良の治療を選択できるよう常に学び続けるプロフェッショナリズムを医師に要求しています。内科、循環器科、外科など、様々な診療科の専門医資格が標榜される今日ですが、おひとりおひとりの「患者さん専門医」として、その患者さんにとっての一番の専門医となり、良い医療を提供出来たのか、十分誠意を尽くしたと言えるのか、常に自分に問いながら皆様に必要とされる存在になれるよう頑張って参ります。どうぞ、宜しくお願いいたします。

診療方針

<院長>

小口朝彦  ASAHIKO OGUCHI

院長日記